/

コマツ、ホンダと電動ショベルを共同開発

コマツは10日、ホンダと共同で電動の小型ショベルを開発すると発表した。コマツのショベルで最も小型な機種に、ホンダの着脱式交換バッテリーを搭載して電動化する。2021年度中の市場投入を目指す。さらに1トン級までの電動ショベルも共同で開発するほか、建機のバッテリー交換などのサービス面でも連携を進める。

電動ショベルは排ガスを出さず、騒音や排熱も大幅に抑制することができるのが特徴だ。配管工事や造園などに加え、住宅のリフォームなど屋内作業での利用も想定する。コマツは20年にバッテリー駆動式の小型ショベルを国内で市場投入した。ホンダの着脱式の交換バッテリーを採用することで、充電を待たずに使い続けられるようにして利便性を高める。

ホンダの着脱式バッテリーは電動バイクにすでに利用されている。建機でも脱炭素に向けた電動化が進むとみて、両社で連携してショベル以外の建機への導入や、海外展開も検討していく。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません