/

この記事は会員限定です

ダイハツ、なぜトヨタのハイブリッド機構を使わない?

[有料会員限定]
日経クロステック

どうして親会社のトヨタ自動車のハイブリッド車(HEV)機構を採用しなかったのか――。ダイハツ工業が11月1日に発売した小型多目的スポーツ車(SUV)「ロッキー」の部分改良車における最大の疑問だ。

ダイハツが選んだのは、エンジンを発電のみに使うシリーズ式のHEV機構。競合する日産自動車が「e-POWER」として推す方式である。開発陣を直撃し、今回の決断に至った経緯を探った。

「(HEV機構の選択は)経営判断が非常に難しい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2235文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン