/

この記事は会員限定です

「光遺伝学」初の治療応用 失明患者の視力回復

[有料会員限定]

光を使って細胞の働きを制御する「光遺伝学」を治療に応用する取り組みが進む。スイスのバーゼル大学などは臨床試験で失明した患者の視力を回復することに初めて成功した。脳研究を変えたといわれる技術が、医療でも活躍するかもしれない。

5月に米科学誌ネイチャー・メディシンに掲載された論文が注目を集めた。バーゼル大とフランスのスタートアップ、ジェンサイト・バイオロジクスなどが進める臨床試験では、網膜色素変性症で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン