/

この記事は会員限定です

Microsoft、「運転資金いらず」の財務 クラウド寄与

企業財務エディター 森国司

[有料会員限定]

米マイクロソフトの資金効率が大きく改善している。クラウド事業が伸び、運転資金の回収までの期間を示すキャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)は2021年6月期にマイナスになった。手元で待機する事業資金が減り、株主配分やM&A(合併・買収)などに向けやすくなる。浮いた資金の活用で、時価総額首位の米アップル超えをうかがう。

「幅広い産業や顧客層、地域で増収となった。世界のテクノロジー支出がGDPの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン