/

三菱食品、レンジでそのまま温めて飲めるお酒

三菱食品は容器のまま電子レンジで温めて飲める「カップでおいしいお酒」シリーズから、「だし割りのお酒」と「ハニーレモネード」の2種類を数量限定で発売した。オリジナル飲料の開発などを手がけるトーヨービバレッジ(東京・渋谷)と共同で開発した。冷やしても飲むことができ、20~30代をターゲットにする。

プラスチック製の耐熱容器に入っており、シール状の蓋を少しはがして温める。だし割りのお酒は、おでん屋などで提供されるだしを日本酒で割ったお酒の味を元に開発した。昨年にカップのまま温めて飲む商品として販売したところ好評だったため、今年は冷やしても楽しめるような味に改良した。

ハニーレモネードはレモンの酸味とハチミツの甘さが特徴で、今年新たに開発した。夜にデザート感覚で楽しむ飲み方を想定する。

2種類とも200ミリリットル入りで想定価格は218円。全国のスーパーやコンビニエンスストアで販売する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン