/

東芝、台湾高速鉄道向け電気設備 76億円で受注

台湾高速鉄道向けの電気設備を受注した(台湾高速鉄道の車両)

東芝子会社の東芝インフラシステムズは10日、台湾高速鉄道向けの電気設備を受注したと発表した。変電所や駅向け設備の更新などで、受注額は約76億円になる。東芝は海外の鉄道事業の中で台湾を注力市場と位置付けており、販売拡大を狙う。

受注したのは、変電所向けの配電盤や、駅・車両基地の遠隔制御装置など。2022年4月から納入を始め、25年度中に終える目標。

変電システムなどで受注実績がある(変電所向けの配電盤)

台湾高速鉄道は07年1月に営業運転を開始した。台北と高雄間の約350キロメートルを最速約1時間30分で結ぶ。東芝インフラシステムズは台湾でこれまでも、鉄道車両向けの電気部品や変電システムなどを広く納めており、実績が評価された。今後も保守・運用や車両電気品などでの受注拡大を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン