/

この記事は会員限定です

トマトから野菜の会社へ カゴメ山口社長

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

カゴメが事業領域の拡大に挑んでいる。目指すのは主力事業のトマトに加えて幅広く野菜を事業領域とする「野菜の会社」。コロナ下の巣ごもり需要をとらえた野菜ジュースなどの飲料や家庭向けの調味料が堅調だが、成長に向けて農業やフードテックへの挑戦を続ける。山口聡社長は「食を通じて社会課題の解決に取り組む」と強調する。(聞き手は日経MJ編集長 鈴木哲也)

食事の場所変化、外食向けは大幅減

――「トマトの会社から野菜の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2693文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン