/

この記事は会員限定です

買収防衛 総会決議経ても差し止め、三ッ星巡り司法判断

[有料会員限定]

買収防衛策を巡り注目の司法判断が出た。複数の投資家らに株を買われた三ッ星が防衛策を株主総会決議を経て実行しようとしたが、7月に裁判所が差し止めた。総会で可決した防衛策の差し止めは珍しい。買収者側の株主権を必要以上に制限したことが問題視された。防衛策の適法性を巡る議論に影響しそうだ。

三ッ星の防衛策はポイズンピル(毒薬条項)と呼ぶ一般的なものだ。新株予約権を一般株主に無償で割り当てる一方、非適格者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン