/

この記事は会員限定です

AI医師が守る心臓病患者、再入院率半減 NASA発新興

[有料会員限定]

最先端のIT(情報技術)を駆使し、身体能力や五感を究める「人間拡張」技術が広がってきた。米航空宇宙局(NASA)発スタートアップなどが人工知能(AI)医師による高度な健康管理で実績を上げる。国内勢は、コマツなどは経験が浅い人が熟練者のように作業できる建設機械の開発などを急ぐ。SF中の技術が、現実社会で開発競争を巻き起こしている。

人間拡張技術は、身体能力を「拡張」させて荷物の運搬の負担を軽減する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン