/

この記事は会員限定です

資生堂21年12月期最終黒字300億円 構造改革で下方修正

[有料会員限定]

資生堂は10日、2021年12月期の連結最終損益が300億円の黒字(前期は116億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想から55億円下方修正した。日用品事業の売却や不採算ブランドの整理など構造改革に加え、新型コロナウイルス禍で国内事業が振るわない。その一方で、売り上げ規模で国内事業に迫る中国事業は回復するが、依存にはリスクもある。

売上高は従来予想から230億円下方修正し、前期比13%増の1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り751文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン