/

この記事は会員限定です

日立、量子技術で鉄道ダイヤ最適に 数日の作業を自動化

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日立製作所は量子コンピューターを疑似的に再現する「疑似量子コンピューター」の技術を使って、鉄道ダイヤなどの運行計画を自動作成するシステムを開発する。2022年度に商用化する乗務員の配置計画では、数日かかる作業が30分に短縮できた。日本は量子技術の実用化で米中に後れを取るが、企業の取り組みが進んできた。

同社が開発した「CMOS(相補性金属酸化膜半導体)アニーリング」と呼ぶ疑似量子コンピューターを使い、運行計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン