/

この記事は会員限定です

ANA、夏冬の一時金ゼロ 組合に提案

[有料会員限定]

全日本空輸(ANA)が2021年度の夏と冬の一時金支給を見送る方針を労働組合に提案したことが分かった。組合と合意すれば、年度を通じて一時金を支給しないのは記録のある1962年以降で初めてとなる。新型コロナウイルスの感染拡大で旅客需要が低迷する中、コスト削減につなげる。

10日に提案した。コロナ禍以前のANAの一時金は夏と冬に月例賃金の2カ月分を支給し、業績連動分を上乗せする形をとっていた。事業環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン