/

この記事は会員限定です

ヘリオス、重症肺炎の治療薬候補を承認申請 21年内にも

[有料会員限定]

バイオ企業のヘリオスは肺炎の重症患者などに生じる呼吸不全を治療する新薬候補について、2021年内にも厚生労働省に製造販売承認を申請する。最終段階の臨床試験(治験)で良好な結果を確認した。重症肺炎は新型コロナウイルス患者の死亡原因の一つ。実用化できれば治療の選択肢が広がる。

新薬候補は急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の治療向けだ。ARDSは炎症性の細胞が肺を攻撃し、低酸素状態に陥ることで呼吸不全を引き起こす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン