/

光沢感ある便座も 三井金属が抗ウイルスの銅被膜製品

日経クロステック

新型コロナウイルス感染症の予防ニーズを捉え、三井金属が銅(Cu)コーティング製品を材料系展示会「第12回高機能素材Week」(幕張メッセで8~10日開催)に出展した。

同社が提供するCu粉を表面に被膜した顧客企業の製品群だ。Cuが持つ抗菌・抗ウイルス機能を付加価値とする。海外と比べて日本ではCuの抗菌・抗ウイルス機能に関する認知度が低く、潜在的なニーズを掘り起こせると三井金属は見込む。

オーストラリアSPEE3Dが造ったのが、ドアプッシュプレートとドアノブ。被膜方法は、コールドスプレーだ。直径100マイクロメートル(マイクロは100万分の1、μm)以下の純Cuの粉を、基材であるステンレス鋼の成形品に高速で吹き付ける。すると、Cu粉が潰れながら基材に強固に付着し、厚さ数百μmの被膜を形成する。

ただ、純Cuは人によって好みが分かれる点が課題という。純Cuは指の脂で酸化して変色しやすく、長く使っているとくすんでくるからだ。

これに対し、発色性を改善したのが大阪大学とのコラボレーションで製作したドアノブだ。基材であるステンレス鋼製ドアノブの成形品に、亜鉛を20~30質量%含むCu合金(青銅)粉を吹き付けつつ、青色レーザーで溶かしながら被膜する。膜の厚さは数百μmである。ピンクゴールドとイエローゴールドの発色を実現した。

Cuは青色レーザーの吸収率が高いため、青銅粉が溶けやすいという。また、青銅粉だけではなく、基材であるステンレス鋼の表面も青色レーザーで溶かし、青銅の被膜を強固に付着させている。この青銅粉も、直径が100μm以下だという。

米ルミノーカッパータッチが商品化したのは、ドアノブや取っ手、マウス、便座など。「米環境保護局(EPA)の認定を取った製品」(三井金属)である。

製膜法は、Cuとニッケルから成る合金(CuNi)粉を液体の樹脂に混ぜたものを、基材である成形品に高速に吹き付ける。ルミノーカッパータッチはこの製膜法を「絶縁コールドスプレー」と呼ぶ。

これにより、数百μmのCuNiの膜を得る。CuNi粉の直径は100μm以下だ。使える基材の種類が幅広いのが特徴で、金属はもちろん、ガラスや樹脂、木材にもCuNiの被膜を形成できる。

これらの顧客に対し、三井金属はそれぞれカスタマイズした純Cu粉やCu合金分を提供するという。「日本では銀(Ag)がよく使われているが、Cuの方が抗菌・抗ウイルス性能に優れることを日本市場でPRしたい」(同社)。

(日経クロステック 近岡裕)

[日経クロステック 2021年12月9日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン