/

オートバックス、子供や高齢者の見守り端末

カー用品大手のオートバックスセブンは全地球測位システム(GPS)などを活用し、利用者の位置情報をスマートフォンのアプリで確認できる見守りサービスの提供を始めた。専用端末の位置情報を地図上に最短3分ごとに表示するほか、緊急時には利用者が端末のボタンを押すだけで、登録したスマホに発信場所とSOS通知が届くようにした。家族と離れて暮らす高齢者や子供が外出するときなどの利用を見込む。

商品名は「みる・まもーる」。半径100メートルから5キロメートルのエリアを設定し、エリアの出入りを確認できる。徘徊(はいかい)などによる事故を防ぐため、アプリ内で事前に設定したエリアの外に利用者が出ると、スマホに通知が届くようにした。約4カ月分まで利用者の移動履歴を保存し、蓄積したデータから、過去の行動範囲を頻度別に色の濃淡で表示する機能も搭載した。

端末は1日2~3時間の利用であれば約7日間は充電が不要となる。本体の重量は40グラム。カバンやランドセルなどに取り付けることを想定し、コンパクトでシンプルな設計にした。

専用アプリ「WEAR+i(ウェアアイ)見守りサービス」は、アプリ配信の「グーグルプレイ」と「アップストア」からダウンロードできる。専用端末の価格は9900円で、サービスの通信利用料は月額550円。同社のEC(電子商取引)サイトで販売する。個人向けのほか、過疎地域の自治体や介護施設といった法人向けの活用も視野に入れる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン