/

この記事は会員限定です

三井化学、石化再編「もちろん検討」 揺れる市況銘柄

黒瀬泰斗

[有料会員限定]

三井化学の事業ポートフォリオ改革がなかなか軌道に乗らない。リーマン・ショック以降に十分な成長投資ができず、業績は原材料のナフサ市況に大きく揺さぶられる。業界最大手、三菱ケミカルグループが提唱する石化事業の再編に「もちろん検討する」と応じたのは、成長シナリオが描けない焦りからなのか。

日本の化学メーカーの石化事業は汎用品で中国などアジア勢に押され、国内生産能力の余剰がなお解消されていない。「リーダ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン