/

この記事は会員限定です

ホンダなど、自動運転車に複数回線 通信障害に備え

(更新) [有料会員限定]

自動車各社が自動運転車で無線通信回線を複数にする。ホンダは年内に公道実験する車両で複数回線化に踏み切る。ソフトバンク系なども複数の搭載に乗り出した。KDDIの大規模通信障害ではトヨタ自動車などのコネクテッドカー(つながる車)で障害が発生した。自動運転は通信障害が事故につながりかねず高度な安全性が求められる。リスクに備える動きが広がってきた。

ホンダは2020年代半ばから東京都内で自動運転のサービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません