/

この記事は会員限定です

カップ酒、花盛り 桜の酵母使用や大吟醸も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で3度目の春。大人数での花見は開きにくいなか、家族や少人数、1人でも楽しめるカップタイプの日本酒の人気が高まっている。常時約100種類のカップ酒をそろえる酒販店、味ノマチダヤ(東京・中野)で日本酒の仕入れ責任者、印丸佐知雄さんに様々な特徴を持つお薦めのカップ酒を聞いた。

花見時期だけの特別仕様

まずは花見にぴったりのカップ酒から。来福酒造(茨城県筑西市)が製造する「来福」の純...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1753文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン