/

ソニー、ロシア向けゲーム機・ソフト出荷停止

ソニーグループのゲーム子会社、米ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は9日(現地時間)、ゲーム機「プレイステーション(PS)」とソフトのロシア向け出荷を、オンライン販売を含めて停止したと発表した。ロシアのウクライナ侵攻を受け、ゲーム業界では米マイクロソフト、任天堂などがロシア向けのサービスを停止していた。SIEは「ウクライナの平和を求める」とコメントしている。

同日、一部の米メディア向けに発表した。ロシア向けのハード製品と、新作「グランツーリスモ7」も含めたソフトの出荷を停止した。ネット経由でソフトをダウンロードできる「PSストア」も、ロシア版の運営を止めた。

オンライン対戦用の「PSネットワーク」やクラウドゲーム「PSナウ」の利用の可否については「コメントできない」(ソニーグループ)としている。ソニーグループでは映画事業で、ロシアでの新作の劇場公開停止を発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン