/

この記事は会員限定です

AI inside社長「ビジネスモデルの転換期」 企業の黒子に

[有料会員限定]

人工知能(AI)開発のAI insideが変革期を迎えている。AIが手書きの文字を読み取るソフトウエアを主力としてきたが、法人向けのAI開発サービスやコア技術の提供を通じて企業のAI活用の黒子になろうとしている。渡久地択社長は「ビジネスモデルの転換期だ」と説明する。サービスを通じて顧客企業の業績に好影響を与えられるかが今後のカギを握る。

AIインサイドが10日に発表した2021年4~9月期の売上高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン