/

ヤフー、災害情報を誤発信 アプリのプッシュ通知で

Zホールディングス傘下のヤフーは9日、運営するオンライン検索サービス「Yahoo!JAPAN」のアプリで、噴火速報などの災害情報を誤ってプッシュ通知で配信したと発表した。人為的なミスによって、利用者に配信システムのテスト用の「阿蘇山で噴火が発生」などの誤情報が流れたとしている。

9日午後1時59分ごろから、誤った災害情報、防犯通知、各地域ごとの避難情報、気象警報などのデータを通知したという。同社は「ご迷惑をおかけし、深くおわびします」とのコメントを出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン