/

この記事は会員限定です

アプリで記憶を手助け

@EDGE モノグサ 竹内孝太朗CEO

[有料会員限定]

「記憶の労力を軽減したい」。モノグサ(東京・文京)は私立学校や学習塾向けに、子供の記憶の度合いを高める学習アプリを提供する。教育現場でタブレット端末が普及するなか、竹内孝太朗最高経営責任者(CEO)は公立学校へ提供する準備を進めている。

アプリ「Monoxer(モノグサ)」は英単語や漢字を「覚える」ことに特化した点が特徴だ。たとえば英単語であれば、スペルの書き写しや選択式、自由入力といった複数の形...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン