/

この記事は会員限定です

哲学を語る仲 窪田良

[有料会員限定]

元陸上選手、為末大さんとの出会いは福島県の会津若松、雪合戦の最中だった。起業家の会議の正式なアイスブレイクで大真面目に雪玉を投げていた。結果は負け。反省会で「兵站(へいたん)(雪玉)をどう維持するか」を議論する中で気が合い、互いに対談やラジオに招くようになった。

為末さんは「走る哲学者」の異名のとおり、世界に対してグッド・クエスチョンを常に抱いている。医療制度や新型コロナ、国際関係について「これ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン