/

この記事は会員限定です

住友商事、20代で「管理職」 双日は副業を一部解禁

総合商社が閉塞感打破へ新人事制度

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

総合商社が人事制度にメスを入れている。住友商事三井物産は4月、若手を早期に管理職級に抜てきする制度を導入。双日は副業などを希望する中堅以上の社員が転籍できる新会社を設立し、独立も支援する。若手の離職や手厚い待遇に安住する中堅社員の存在で漂う閉塞感の打破を狙う。

20代で管理職級に――。そんな抜てき人事を可能にする制度を、住友商事が4月から導入した。従来は新卒で入社してから管理職になるまで8年は必要だったが、それを5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2338文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン