/

この記事は会員限定です

量子覇権、せめぎ合う米中 Googleは29年に「汎用品」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

次世代の高速計算機、量子コンピューターの開発競争が熱を帯びてきた。2029年までの「完成一番乗り」へと突き進むグーグルなど米国企業を中国勢が猛追。海外新興や富士通など日本の企業も独自技術で存在感を高めている。量子技術を用いた計算は新薬開発や暗号解読などで既存のコンピューターの限界を打ち破る。産業界や国の安全保障戦略に与える影響は大きい。

「とても挑戦的な試みだ」。5月にグーグルが開いた開発者会議でスンダ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン