/

この記事は会員限定です

有機EL、材料の壁に挑む キューラックス安達淳治氏

テクノロジストの時代

[有料会員限定]

液晶に比べ高精細で薄型の有機ELディスプレー。スマートフォンなどで目にすることが増えてきたが、発光材料の性能や製品寿命に課題が残る。九州大学発スタートアップ、キューラックス(福岡市)の安達淳治・最高戦略責任者は、日本発の新材料で高い発光効率と寿命を両立、業界のゲームチェンジを狙う。

キャリアのスタートは松下電工(現・パナソニック)での半導体材料開発だ。米マサチューセッツ工科大学(MIT)への出向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン