/

この記事は会員限定です

ソフトバンクGファンド出資の新興「睡眠障害を解決」

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が初めて出資した国内スタートアップ、アキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)は、睡眠障害の問題に取り組むことを主力ビジネスとする方針だ。同社の綱場一成社長は「睡眠障害の経済損失は15兆円。社会課題を解決したい」と強調した。まず睡眠障害の治療薬の国内販売を目指す。

アキュリスの綱場社長が日本経済新聞の取材に応じた。同社は10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り669文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン