/

この記事は会員限定です

日野・いすゞ、EVトラックで中国勢と火花 慎重一転

[有料会員限定]

来年、日野自動車いすゞ自動車が小型の電気自動車(EV)トラックを初めて発売する。宅配などの用途を想定し、航続距離は100キロメートルと短めだ。電池コストや充電インフラなど普及への課題は乗用車以上に多い。価格を抑えた中国製の商用EVも上陸しており、競争が本格化する。

日野は2022年夏にEVトラック「デュトロ ズィー EV」を発売する。いすゞもトラック「エルフ」のEV実証実験を進めており22年に投入予定だ。EVトラック...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン