/

この記事は会員限定です

JFE、値上げ交渉力に見劣り 脱炭素投資に影

落合修平

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍からの回復局面で、JFEホールディングス(HD)の稼ぐ力の改善が遅れている。2022年3月期の連結最終損益は3期ぶりに黒字転換した。しかし原材料高を価格に転嫁しきれず、競合に近い物差しで単純比較すると利ざやは悪化している。脱炭素に向けた投資競争にも影を落としかねない。

「様々な物価の高騰分を含めて値上げをお願いいたします」。傘下のJFEスチールの営業担当者は顧客のもとに足しげ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン