/

ビジョナルの22年7月期、純利益2.9倍に上方修正

ビジョナルは9日、2022年7月期の連結純利益が前年同期比2.9倍の41億円になりそうだと発表した。24%増を見込んでいた従来予想を23億円上回り、大幅な増益を見込む。企業の旺盛な採用意欲を取り込み、主力のビズリーチ事業がけん引する。

売上高は43%増の410億円、営業利益は2.5倍の60億円と、従来予想をそれぞれ33億円ずつ上方修正した。ビズリーチが対象とする専門性の高いプロフェッショナル人材は企業の採用意欲も高い。累計導入企業は21年10月時点で7月から1000社ほど増加し、会員数は6万人ほど増えた。

「プラットフォーム上の採用成功数も上昇傾向」(ビジョナル)とする。新型コロナウイルス禍で採用活動が停滞していた反動で中途採用需要が急増する。中期的な売上高は今後、成長率で15~20%程度の伸びが続くとみている。企業の採用管理を支援する人材情報サービスも順調だ。

同日発表した21年8~10月期の連結売上高は95億円、純利益は17億円となった。株式上場前の前年同期は連結財務諸表を作成しておらず、比較できない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン