/

この記事は会員限定です

鉄鉱石、高炉の調達価格が最高値 10~12月期

需要旺盛で高騰 鋼材価格を押し上げ

[有料会員限定]

高炉会社の鉄鉱石の調達価格が約10年ぶりに最高値をつけた。10~12月期は前四半期から6%高い。世界的な需要増加によるスポット(随時契約)価格の高騰が響いた。製鉄の主原料となる鉄鉱石の高騰は今後の鋼材価格の上昇要因になる。ただ、中国の需要減観測からスポット価格は8月以降水準を下げた。10~12月期の水準が調達価格のピークになりそうだ。

調達価格は、日本製鉄などの高炉会社が海外の資源大手と四半期ごとに決める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン