/

この記事は会員限定です

内定引き留めに人事奔走、「密」な間柄へ接触重視

就活探偵団

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

2022年春に卒業予定の大学生の就職活動が山場を迎えている。新型コロナウイルス禍で21年はウェブ選考が定着し、既に内定率は7割を超えた。例年この時期になると、採用担当者が頭を悩ませるのが内定辞退だ。有望な学生に内定を出したはいいが、本当に入社を決めてくれるのか――。学生に逃げられないように、人事はあの手この手で引き留めようとしている。

「まさに人生の岐路に立っている」。早稲田大学4年の佐藤咲希さん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

就活探偵団

就職活動は分からないことだらけ。情報サイトやSNSの口コミに接しても不安は消えない。そんな就活生に代わり悩みを解決する日経電子版の連載「就活探偵団」。原則水曜日付の『日経産業新聞』でも読むことができます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン