/

この記事は会員限定です

ゲノム編集でトマト糖度3割高く 名古屋大や神戸大

[有料会員限定]

名古屋大学や神戸大学などの研究チームは、遺伝子を効率よく改変するゲノム編集技術を使って、トマトの糖度を高める方法を開発した。果実への糖分の蓄積に関わる遺伝子の働きを止めることで、糖度が3割高いトマトを作ることに成功した。既存の品種を簡単に高糖度に改良できるとしており、種苗会社などの利用を見込む。

研究チームはトマトの実に糖分がたまる仕組みを調べて、ブドウ糖などがたまりすぎることを防ぐ物質をつくる遺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン