/

この記事は会員限定です

長期的利益を追うことが短期的利益をもたらす

「ロングターム・マネジメント」(1)

[有料会員限定]

日本は豊かで良い国だが、経済の伸びというか、期待感でいうと、どうも最近はぱっとしない。

賃金も他の先進諸国に比べると増えていないので、コロナ禍と相まって鬱々としたムードが漂っている。お金をどんどん使えば経済は回るとうそぶく人もいるが、そうした短期目線の考えは、無駄な公共工事にお金を投じていた一昔前の名残だろう。

資本主義をはじめとする社会の仕組みはいずれも、そこで暮らす人々がどうすれば幸福になる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1836文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン