/

三菱造船と日本郵船、液化CO2輸送船開発へ 

三菱重工業傘下の三菱造船(横浜市)と日本郵船は9日、液化した二酸化炭素(CO2)を輸送する大型船を共同開発すると発表した。脱炭素社会の実現の鍵になるCO2を回収し貯留や再利用する「CCUS」向けに開発する。大型船の開発を通じて将来的には液化CO2の輸送といったバリューチェーンに参画する。

開発時期や船の大きさなどは未定としている。現時点では液化CO2運搬船は世界でも小型のものが数隻ほどしかない。食品添加物向けの輸送が中心で、CCUSを目的とした運搬船はまだ存在しないという。三菱造船がこれまで液化天然ガス(LNG)や液化石油ガス(LPG)輸送船の建造で蓄積してきた技術と、日本郵船の船舶運航の知見を組み合わせ、大型船の開発につなげたい考えだ。

CCUSではCO2を回収した後に貯留拠点まで輸送する必要があり、今後の需要拡大が見込まれる。日本企業としては商船三井が3月にCO2運搬船を管理するノルウェーの海運会社に出資。液化CO2輸送船の開発も計画している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン