/

この記事は会員限定です

電通系が自治体DX支援 AIで紙データを自動入力

[有料会員限定]

電通グループ傘下の電通国際情報サービス(ISID)は、自治体向けDX(デジタルトランスフォーメーション)支援ツールの提供を始める。窓口で受け付けた申請書の情報を人工知能(AI)で自動で読み取り、ウェブサイトに申請された情報も含めて基幹システムへの入力の手間が省ける。自治体では職員が申請書の内容を手作業で入力しているケースも多く、負荷軽減に生かす。

支援ツールは「minnect(ミネクト)申請管理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン