/

この記事は会員限定です

ENEOSHD社長に斉藤氏昇格 給油所の多角化加速へ

(更新) [有料会員限定]

ENEOSホールディングス(HD)は10日、4月1日付で斉藤猛取締役副社長執行役員(59)が社長に昇格する人事を発表した。斉藤氏は主に販売部門を担当し、2021年に新設した電気自動車(EV)関連事業を担う「EV事業推進部」を管轄している。脱炭素でガソリン需要の減少が見込まれるなか、給油所の多角化など事業構造改革を加速する。

大田勝幸社長(63)は代表権のない副会長に就く。取締役会での決議を条件に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン