/

この記事は会員限定です

使いやすい「株式交付」導入 M&Aの弾みとなるか

[有料会員限定]

海外と比べて硬直的と指摘されてきた日本のM&A(合併・買収)制度が変わろうとしている。3月に施行した改正会社法で、自社株式を対価として他社を子会社化する「株式交付」制度が導入された。同制度を後押しするため、2021年度の税制改正で対象会社の株主の譲渡損益に対する課税の繰り延べも始まった。企業が事業の組み替えを進めているのを背景に、足元のM&A件数は高水準にある。使いやすい制度が整うことで、さらに弾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン