/

この記事は会員限定です

認知症薬は「七転び八起き」 診断・コストが普及の壁

認知症 光明見えるか㊦

[有料会員限定]

「認知症薬開発では一足飛びのイノベーションは起きない。七転び八起きで結果が出る」。アルツハイマー型認知症薬を開発中の米イーライ・リリーのデイビッド・リックス最高経営責任者(CEO)がこう話すように、製薬会社は認知症との闘いで苦杯をなめてきた。

英調査会社エバリュエートによると、世界で臨床試験(治験)が進む中枢神経系の新薬候補は、製造販売承認を申請中のものも含めて1118。このうち認知症は199にと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン