/

この記事は会員限定です

「ZARA」黒字転換 時価総額でファストリ突き放す 

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「ZARA」を展開するスペインのインディテックスは9日、2021年2~4月期の最終損益が黒字転換したと発表した。新型コロナウイルスのワクチン普及を背景に時価総額は急伸し、ユニクロを展開するファーストリテイリングとの差は5兆円近くに広がった。2月にファストリがインディテックスを上回る場面があったが、再び下回っている。背景には欧米市場が回復する一方、中国を除くアジアは感染拡大が長期化し、業績に明暗が分かれるとの見方がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン