/

この記事は会員限定です

金属シリコン急落、10月下旬から5割安

[有料会員限定]

合成樹脂原料やアルミニウム合金の添加剤などに使う金属シリコンの日本向け輸出価格が急落している。アルミ合金向けグレードは現在1トン4700~4800ドルと10月下旬の9000ドル前後から5割ほど下がった。

金属シリコンは世界供給の約7割を中国が占める。世界的に堅調な自動車に加え、脱炭素の影響で太陽光発電パネル向けの需要が伸びたことで8月に相場が上昇。9月に主産地の雲南省などで電力使用が制限...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン