/

この記事は会員限定です

日本の電池「3陣営に集約を」 元サムスンSDI佐藤氏

[有料会員限定]
日経クロステック

クルマの電動化が加速する中で、不安を抱えているのが電池だ。特に気になるのが、日本の電池産業は海外勢に敗れて衰退するのか、という点。疑問を韓国の大手電池メーカー、サムスンSDIで常務を務めた経験を持つ佐藤登氏(名古屋大学未来社会創造機構客員教授)にぶつけ、日本の電池産業への「処方箋」を探った。

なぜEV発火事故が頻発

──まず気になるのは、電気自動車(EV)の発火事故が相次いでいる。韓国LGエナジー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3435文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン