/

NEC、DX強化へデジタル人材1万人 25年度に倍増

NECはデジタルトランスフォーメーション(DX)関連事業の拡大のために、国内のデジタル人材を2025年度までに1万人に倍増する。9日、オンラインで開いたDX事業戦略説明会で方針を示した。旺盛な需要を取り込む態勢づくりを急ぐ。

オンラインで開かれたDX事業戦略説明会で説明するNECの吉崎敏文・執行役員常務(9日)

コンサルタントやデータサイエンティスト、サイバーセキュリティー人材といった「デジタル人材」は現在は約5000人いる。今後、営業やシステムエンジニアなどの社内人材のリスキリング(学び直し)を中心に、需要が膨らむ分野の人材を確保したい考えだ。

また人材育成のノウハウは外販も進める。「NECアカデミー for DX」を開き、外部企業の社員らを対象に教育プログラムを提供する。今後3年間で6000人の受講を見込む。

また顧客のDXのためのコンサルティング機能を強化し、サービスのメニューを充実させる。NECは25年度に「コアDX事業」の売上高を20年度比4倍の5700億円に伸ばす目標を掲げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン