/

この記事は会員限定です

酢酸、3割上昇 30年ぶり高値水準

[有料会員限定]

接着剤や合成繊維などの原料となる酢酸の国内取引価格が上昇した。化学メーカーなど大口需要家向けの価格は現在、指標となる高純度品で1キログラム114~116円程度と、11月に比べ27円(31%)高くなった。海外市況の急騰も背景に打ち出した値上げの一定程度が浸透。1991年12月以来30年ぶりの高値水準に達した。

ダイセル昭和電工、JNCなどが10~11月出荷・納入分から1キログラム30~50円以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り471文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン