/

この記事は会員限定です

ロシア事業に停止圧力 エプソン、人権尊重し対応

欧米勢先行、消費財でも

[有料会員限定]

企業に対し、ロシア事業の停止・縮小に向けた圧力が強まっている。8日、米マクドナルドなど欧米の消費財企業が一斉に営業や輸出入の停止を明らかにした。日本企業もセイコーエプソンが輸出停止を決めたが、欧米に比べ動きは小幅だ。紛争など地政学リスクに対する備えが甘いとの指摘がある。対応を誤れば、世界の投資家、消費者の信認が低下しかねない。

マクドナルドは8日、ロシアで展開する全850店を一時閉鎖する方針を明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン