/

この記事は会員限定です

患者や医師つなぐMaaS 新興モネ、9市町に移動診察車

[有料会員限定]

医療機関への移動を人工知能(AI)や移動診察車などで支援する医療MaaS(次世代移動サービス)の導入が全国で進む。ソフトバンクなどが出資するモネ・テクノロジーズ(東京・千代田)は約40の自治体と協力。9市町では医師が遠隔で診察できる移動診察車などを配備して自宅診療を促す。高齢化社会を支える技術として期待を集めている。

長野県南部の山あいにある伊那市では、最新の移動診察車が月に十数回出動する。運転...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン