/

この記事は会員限定です

「特許×商標」知財ミックスで稼ぐ 中小、技術ブランド化

[有料会員限定]

中小企業の間で特許に商標などを組み合わせた「知財ミックス」戦略が広がっている。自社の技術を権利化するだけでなく、商標でブランド化して顧客に売り込む。年間の特許出願件数は直近10年で約3割、商標出願件数は約9割増えた。中小は産業構造の転換で脱・下請けが課題。大企業を技術で支援するオープンイノベーションの相手として存在感を高める。

東京の神田駅前にあるそば屋「名代富士そば」。店内に入ると、かき揚げなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン