/

三菱地所など4社、トーハン本社跡地にオフィスなど建設

トーハンの現本社敷地を、三菱地所などが再開発する(東京都新宿区)

三菱地所など4社は9日までに、出版取り次ぎ大手のトーハンの本社敷地の再開発について、同社と基本協定書を締結したと発表した。東京都新宿区東五軒町にある現本社を5月に移転した後、跡地にオフィス棟とマンションを建設する。延べ床面積は計3万8000平方メートルで、2024年11月の完成を目指す。

同敷地は飯田橋駅から池袋方面に向かう目白通りに面し、東京メトロ東西線の神楽坂駅や有楽町線の江戸川橋駅からも近い。交通の利便性の高さを生かしてオフィスや居住者を誘致する。土地は引き続きトーハンが保有し、建設には三菱地所のほか、三菱地所レジデンスと三菱商事都市開発が関わり、完成後は三菱地所リアルエステートサービスが賃借する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン