/

iPhoneを「レジ」代わりに 米決済ブロック、アプリ連動

米決済大手ブロック(旧スクエア)はPOS(販売時点情報管理)アプリ上で、米アップルのスマートフォン「iPhone」が店頭の決済端末としてレジ代わりになる機能を米国内で使えるようにする。2022年夏に一部の小売店で試験的に使えるようにし、同年後半に本格展開する。

iPhoneを店頭の決済端末にする機能は、内蔵した近距離無線通信(NFC)を活用することで、タッチ決済対応のクレジットカードなどを店頭のiPhoneにかざして支払う。消費者がアップルの非接触型決済サービス「アップルペイ」を使う場合は、iPhone同士を近づけるだけで決済を済ませられる。

専用の読み取り装置がなくても、飲食店や小売店はiPhoneだけで決済を完了でき、簡単にキャッシュレス決済を導入できる。POSアプリとの連動により、在庫の追跡や管理もできるようになるという。

ブロック以外では、米決済大手ストライプもiPhoneの決済端末機能への対応に乗り出している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン