/

この記事は会員限定です

チーズたっぷり悪魔飯も 乳業、コロナ下で磨く発信力

アンテナショップで限定メニュー SNSで感謝企画

[有料会員限定]

牛乳の消費を喚起しようと、乳業団体などが新型コロナウイルス下にあわせた情報発信を強化している。農場や工場に大勢の消費者に来てもらう体験型イベントなどは開催が難しいため、SNS(交流サイト)やアンテナショップでの取り組みで話題を集める。牛乳や乳製品への理解を高め、需要の安定につなげる。

6月は「牛乳月間」。国連食糧農業機関(FAO)が2001年に6月1日を「世界牛乳の日(World Milk Day...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン